エキシマレーザーを使用するレーシック

エキシマレーザーを使用するレーシック


エキシマレーザーを使用するレーシック
レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。





エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:2017-8-20

あるノルウェー人の栄養アドバイザーは、
日本人女性は「痩せる」と言うことに対して、
「必要以上に強迫観念を持っているように見える」と言っています。

さらに
単に細い肉体にして、弱々しい肉体にしているけれど、
決して美しくない。
女性は女性らしい魅力のある肉体であるべき…とも言っています。

痩せた肉体が美しいという価値観の中で、
無理なシェイプアップや偏食によって、
体重は少ないのに体脂肪が高い「隠れ肥満」が増加していることは確かです。

たとえ洋服が7号サイズでも
骨格に見合う痩せ方でなければ、単に貧弱なだけです。

そしてアンバランスになった肉体を何とかしようと、
またシェイプアップに励み、いっそうバランスの悪い肉体になるので、
メンタルの部分で、本当にシェイプアップが必要なのか?を
しっかり考えるべきですね。

シェイプアップを成功させたいなら、
ご飯制限するにしても「食べない」のではなく、
「何を食べるか」を考える必要があります。

基礎代謝を落としたり、筋肉を落とせば、
たとえ痩せたとしても、皮膚がたるんだり、シワが増えたり、
リバウンドということにもなり兼ねません。

適量でバランスの良いご飯と体操こそが、
シェイプアップを成功させるポイントです。

日本人女性は筋肉を嫌いますが、筋肉がついていなければ、
肉体の故障を引き起こす原因になってきますし、
また恐ろしい骨粗しょう症が待っているのです。

「痩せる」ことを目的にするのではなく、
「バランスの良い肉体」を作り上げることが、
シェイプアップの真の目的だということを理解し、
体重の増減に支配されることのないようにしましょう。

エキシマレーザーを使用するレーシック

エキシマレーザーを使用するレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション