レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。

 



- お勧めの情報 -

賃貸事務所ナビ
URL:http://new-of-search.jp
賃貸事務所


レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:2017-5-28

おれのムスメは、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、ムスメは「やめたい」と言い出しました。

おれはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった夫に経緯を聞いてみると、
ムスメの出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
ムスメの気持ちを思うと、
親としてなんと言って励ましていいのか…

「ママと一緒に練習しよう…」と
ムスメに話しかける他ありませんでした。

その時のおれはまだ、
どうしてムスメが泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
ムスメもそれなりのプレーをしました。

それなのに、
ムスメはまた「やめたい…」と言い出したのです。

おれは、ムスメが今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

ムスメの心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかりムスメの自信を奪い、心と肉体が頑なになり、
動けなくなっていたんです。

おれはムスメの練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
とムスメの心のネジを巻きました。

最も適した治療方法をまずは探す 目の病気や疾患を持っている人 ドライアイでもレーシックを受けられる クリニックの環境でレーシックの失敗例